夏のオトシゴ

オトシゴと聞くとタツノオトシゴを連想してしまいますよね。
オトシゴとは妻以外に産ませた子、という意味があります。
タツノオトシゴは形が龍に似ているから、龍のオトシゴ、なんですね。

アイスピックさんが作者の夏のオトシゴは語感がちょっと似ていますが、ちょっと違うお話です。
舞台は日本のとある都市。
大都会というわけではないけれど、田舎というほどでもないどこにでもありそうな都市です。
そして登場するのもキラキラと輝く女の子や男の子ではなく、どこにでもいそうな女の子と男の子です。

お互いクラスではあまり目立たない方なのですが、同じもの同士というかそれ故に惹きあって付き合い始めます。
付き合い始めたと言ってもすぐに関係が変わるだけではなく、日常の延長線での付き合いです。
ぬる~い感じがしますが、それがまた現実感があってリアルです。
なんでもない日常を一緒に過ごせる人がいるというだけでとても幸せな二人の雰囲気が伝わってくるようです。

でも、好事魔多しという言葉通り、そんなにいいことばかりは続きません。
付き合う前は二人とも地味地味だったのですが、女は恋をすれば変わるもの。
男の子の方は大して変わりませんでしたが、女の子の方はどんどん可愛くなっていきます。
付き合っている男の子からしたら嬉しい反面、悪い虫に言い寄られないか不安になってしまいます。

そして、こういった悪い予感とは的中するもの。
可愛くなった女の子に目を付けた不良が現れます。
遊び慣れている子ならまだしも、つい先日までクラスでも目立たない子だった女の子は簡単に手玉に取られてしまいます。
不良に絡まれても付き合っている男の子に迷惑がかからない様にとお願いする女の子がいじらしくて可愛いです。
もっとも、不良の方もそういった反応がある事を期待して絡んできていたので、結果として女の子のやさしさは自分の墓穴を掘ることになってしまいます。

ここでもうちょっと気丈な対応をしていたら、夏のオトシゴはなかったのでしょうけど、経験の浅い女の子にそこまで求めるのは酷な気がします。
それでも、その代償を払わされることになってしまった女の子は少し可哀想です。

そして、このことを知らない男の子はいつもの待ち合わせ場所でずっと待っているだけ。
あまりにも残酷な現実を知らない方がよかったのか悪かったのか…
こうして事態は救いようがない下り坂を転げ落ちはじめます。

そして、女の子は夏のオトシゴの意味を知ることになります…
夏のオトシゴ(アイスピック)

とらいなんぐる!な漫画

とらいあんぐる!の漫画は絵も綺麗で面白いのですが、唯一の欠点はタイトルが過激すぎるところです。
ストレートでとても分かりやすいタイトルなのですが、ストレートすぎてここで書いてしまっていいのかなぁと思ってしまうものがたくさんあります。

内容は基本的に複数ものです。
女性側が複数だったり男が複数だったりしますが、1対1というシチュエーションはほとんどありません。
しかし、構図がごちゃごちゃせず見やすいのはすごいことだと思います。
特に新作の女子に飽きるまで中出しは破壊力抜群の内容です。
(タイトルも破壊力抜群すぎますが・・・)

基本はCG形式でセリフ差分がものすごく豊富です。
細かい部分までしっかり描きこまれているので、基本枚数以上に話の流れを楽しめます。
レビューでは基本枚数が少ないといった声もありますが、セリフと場面描写の上手さはそれを補って有り余ると思います。
また、とらいあんぐるさんの特筆するべき事と言えば設定がぶっ飛んでいることでしょう。
ある日いきなり人権はく奪とか、透明人間モドキになったりとか、現実ではありえない設定で淡々と物語が進んでいきます。

「そこ、突っ込むとこでしょう!」という部分がすっぱり割り切られて都合よすぎる世界になっているのはある意味、漢です。
ここまで割り切られると、読む側もそんなもんかと思ってしまってすんなり世界観に入れます。
ロードオブ某のようなファンタジーものと同じような感覚で、実は別世界設定を受け入れられるからだと思います。
ここに変に現実っぽい設定を入れると話がごちゃごちゃになってしまうのですが、そんなの関係ねぇとばかりに切り捨てる姿がかっこよすぎます。

しかし、ぶっ飛んだ世界観とはうって変わって話の中身は細部まで描かれており読み手を惹きこむのがとてもうまいなぁと思っています。
お薦めですので是非読んでみてくださいね。

言い間違えは聞き手の粗相

鳥か玉子か?なんて、いったいどんな内容なのだと思いましたが、お互いのあだ名だったのです。
小さいころから幼馴染の2人。
鳥坂は王子のことを初めて会った時に女の子だと思っていました。そ
して、泣き虫な王子の事が可愛いと思い好きだったのです。でもその日の夜に一緒にお風呂に入って男だと気づき初めての失恋。

初恋の相手に1日で真実を知って失恋してしまうなんて、切なすぎます。子供ながらに無理だと思ったんでしょうね。でも成長してからも鳥坂の気持ちは変わってなかったんです。
それは相手の王子も同じ。お互い顔を合わせては喧嘩する2人でしたが、喧嘩してまで鳥坂と張り合う王子の思いは1つ。鳥坂に好きでいてもらうこと。
これも切ないです。普段学でみせつ王子の態度と鳥坂の前での態度の違いに、萌えてしまう場面もあるのですが、いわゆるツンデレな所が好きですね。

そして、素直になれない鳥坂も攻めの時の姿はかっこよかったりします。学校でのガキっぽい印象とは違うので王子の前での彼はなかなかの男前。
表題作が2話と他には、借金のかたに買われるお話と夢が現実になる恋のお話がそれぞれ2話づつ、双子の兄のお話が短編で1話ありますが、個人的にはこの1話の短編に出てくる陛下がかなりお気に入りです。
絵風も少し違うように思うし、続編でないか期待しています。

私がモテてどうすんだ

重度の腐女子・花依(かえ)ちゃんがいきなりイケメンにモテ始めちゃった!?
カップリング大好き女子の花依ちゃんですが、アニメのお気に入りキャラが死んでしまった事でショックで寝込んでしまいます。
そのままお風呂にも入らず自室にこもって1週間・・・

心配した家族に引っ張り出されたとき、花依ちゃんは別人かと思うほど痩せて美少女になってしまいます。
痩せて美少女化なんて陳腐な設定ですが、そんなこと気にならないくらい花依ちゃんが可愛いです。
花依ちゃん自身、自分の姿が信じられず鏡を見て「鏡が壊れてる!!」と騒いでしまったくらいです。

花依ちゃん自身が驚くくらいなので、学校のクラスメイトの驚きは想像に難くありません。
しかも、学校一といってもいいくらい可愛くなってしまっているのですから。
さっそく、クラスメイトや先輩、果ては後輩までが一斉にアプローチしてきます。

花依ちゃんに人生最大のモテ期到来!
と思ったら花依ちゃんは嬉しそうではありません。
なぜなら、花依ちゃんの生きがいはイケメン同士のカップリングを見ることであり、自分自身がモテても全然嬉しくないのです。
(かなりの重症です・・・笑)

そんなわけで「私がモテてどうすんだ」となってしまいますが、自分のリア充ぶりが信じられなかった花依ちゃんもちょっとづつオタク趣味から離れて普通の可愛い女の子になって行く・・・はずだったのですが。
せっかくイケメンからデートに誘われても、カップリングの妄想ばかりにふけってしまいます。

こんなことではいけないと思いつつも長年のクセは抜けず、デート後半では疲れてボロボロになってしまいます。
しかも精神力ガタガタの時に限って、オタクにとっては見逃せないイベントを発見したりするのです。
その魅力に抗えず、イケメンを放り出してアニメショップに駆け込む花依ちゃん。

しかしもどってきた花依ちゃんはキラキラと輝いていたのです。
その姿を見て花依ちゃんのオタク趣味を認めてくれるイケメンたち。
イケメンの心の広さに感動です笑

そして、この日から花依ちゃんのリア充とオタクのバランスを取りながらの生活が始まります。

発情女子寮ハーレム

エステティシャンになるために入学したエステの学校。
しかし、その学校の生徒は主人公である高木以外はみんな女子ばかりでした。

高木がその学校を選んだ理由はコストパフォーマンスです。
この学校だけ寮費や光熱費が無料だったのです。
ほとんどお金をかけずに学べるとあって、高木にはちょうどよかったのですが・・・
住み心地となると話は別です。
何しろ女子生徒しかいない学校に入学してしまったので、男子寮なんてあるはずもありません。
仕方なく女子寮の倉庫として使われていた1室に入れてもらうことになったのですが・・・

その部屋はとにかく汚くてボロくてどうしようもありません。
しかし無料で使わせてもらう以上、文句も言えない高木。
ところがその部屋にはある特典がついていました。

それは隣の部屋が覗けることです。
女子寮なので隣の部屋の住人は当然女の子です。
その子の部屋を覗いているうちにとんでもない事件に出くわしてしまいます。

しかしその1件のおかげで隣の部屋の女の子と仲良くなれた高木。
高木のエステ学校生活はこの女の子とのちょっとエッチなハプニングで幕を開けることになるのですが・・・

子作りツアーへようこそ!

主人公のもとに届いた無料南国ツアー券。
こんなものに申し込んだ覚えはないと訝しく思いながらも参加してしまいます。
理由は童貞非モテで金もない主人公は他にやることがないから。

どうせ何かのキャンペーンが当たったのだろうくらいに思って気軽に参加したのですが・・・
実は主人公が当てたのは人生の一発逆転の券だったのです。

「生ハメ生出しし放題のヤリまくりツアーへようこそ!!」

島に着くなり可愛い女の子に熱烈歓迎を受ける主人公。
女の子に笑顔で迎えられるなんて非モテの主人公にとって初めての経験です。
しかもそれだけではなく、この島では子作りし放題だと伝えられます。

この無料ツアーの本当の目的は、女の子しかいない島で子作りをするために男を呼びこむことだったのです。
それにまんまと?ひっかかった主人公はこの島でヤリたい放題に生出しする権利(と義務)を与えられます。
(それなら、この子たちともエッチできるというのか・・・?)

目の前にいる女の子は生でヤらせてくれるなら死んでもいいというレベルの美少女です。
そんな子とエッチするだけじゃなく、生出しまでしていいなんて夢のようです。
しかも、女の子たちは勝手に発情して、放っておいても主人公のモノにむしゃぶりついてきそうな勢いです。
試しにちょっと幼い感じの子にハメさせてと頼んでみると・・・
なんとその場でハメさせてくれたのです!!
「子作りツアーへようこそ!」という言葉は伊達ではなく、本当に生出ししても怒られません。
むしろ、感謝されてしまいます。
さらに、生だしされた女の子は他の子からうらやましがられる始末。

もちろんほかの二人もそのまま引き下がるわけはなく、主人公に生出しをおねだりしてきます。
やりたい放題の子作りツアーへようこそ!はおすすめです。

うっかり入っちゃった!?

美人で可愛い従姉妹のまつりとさやか。
数年来会っていなかった従姉妹達と久しぶりに会ったユウは、彼女たちにドキドキしっぱなし。
法事で集まったというのに、まるで渋谷に遊びに行くかのような格好です。
もちろん、彼女たちに常識がないわけではなく、狙っての格好だったとしたら…
果たしてまつりとさやかの狙いは?

ユウは久しぶりに会った従姉妹達に振り回されそうな感じがぷんぷんします。
実際、まつりとさやかはかなりテンションも高く行動的なので、ユウは基本的に後手に回りがちになってしまっています。
そんな状況でふたりに昔遊んだゲームをやりたいと言い出したとしても強く反対できませんでした。
もっともユウや従姉妹の両親は法事の後にカラオケに行ってしまったので、ゲームをするくらいしかやることもないのです。
仕方なくゲームに参加したユウですが、このゲームが曲者でした。
従姉妹達がやりたいと言い出したのは「ツイスターゲーム」で、お互いに密着してしまう類のものだったのです。

「うっかり入っちゃった」ではゲームを通してお互いを意識してしまう過程が描かれてします。
こんな状況なら思わず従姉妹達を抱きしめてしまいそうになってしまいますね。
実際、ユウもかなり自分の理性との戦いを強いられています。
ゲームと理性の両方と戦うユウが見ものです。

リミット

美人で秀才なさくらと男勝りなハルを中心とする、クラスの上位グループに属する今野。
強者でつるみ弱者を嘲笑う学校生活は楽しく、まさに完璧な世界でした。
しかし、交流キャンプの往路で今野達が乗ったバスが転落してしまいます。
今野は、バスの外に倒れていたハルを担ぎ、たき火の明かりへと向かいます。
事故から生き残ったのは女子高生ばかりわずかに5名。
極限状態の中で、彼女たちは生き延びることができるのか?

女子高生が凄まじいいじめに立ち向かう『ライフ』で有名な、すえのぶけいこさんの作品です。
『リミット』も、そのタイトル通り極限状態に追い込まれた女子高生達のリアルで残酷な本音や衝動が、えぐいまでに描かれています。
ドロドロしていて恐ろしいと同時に、最高に面白いです!

主人公・今野と、生存者の一人・ハルが属していたのは、さくらを中心とする華やかなグループです。
彼女達にからかわれていた陰気なオタク・盛重が、武器を手にしたことで生存者達を支配します。
盛重の日々の鬱憤が爆発して歪んでいく様子が恐ろしいです。
その他のキャラクターも、「クラスに一人はいたよね」という子ばかり。
孤高の委員長タイプ・神矢に、影が薄く目立たないその名も薄井。
スクールカーストが凝縮された5人が、救助が来るまでサバイバルします。
クラスの中で自分はどのポジションだったかな、とかもしこんな状態に追い込まれたらどうするかな、とか色々考えてしまいます。
カースト底辺だった盛重が頂点に君臨し、5人を格付けして支配する恐ろしい心理戦から目が離せません。

イヴの眠り

新しい人類「ネオ・ジーニス」である有末静(セイ)の血を引く娘・アリサ。
フラを踊る時は水のように静かでありながら、「龍の娘」の異名をもつ。
彼女の出生の秘密を知っている烈(レツ)は、彼女を守るために中国からやってきた。
しかし、静の体細胞を使って生まれたクローン・死鬼(スーグイ)が、
闇に紛れてアリサに接触する。
死鬼の目的とは――?

映画化もされた『海街Diary』の作者である吉田秋生の人気作、
『YASHA ―夜叉―』の続編です。
前作の終盤からアリサが生まれるまでを描いたエピソード「魂送り」や
アリサの母ルー・メイと養父ケンとの出会いを描いた「ハウメアの娘」を読むと、
前作を知らなくても十分に楽しめます。丁寧に作られた第一巻です。

絵がとても美しく、ハワイ島らしい自由な雰囲気も描かれていて素敵です。
アリサがキレイで強くて本当に魅力的ですね。
ちょっと冷淡なところもありますが、それは主に男性に向けられています。
両親や弟、友人のリリアには優しくて素直なところもあるんですよね。
「龍の娘」という異名をもつアリサに対し、烈は生まれた時に「龍の血を受け継ぐ娘を娶る」という予言を受けたそうです。
烈は、アリサの心を溶かすことができるのでしょうか?
けっこう肝が据わっていて、真面目そうだしやり手だし、悪い男ではなさそうです。

密室処女

塾に通う普通に可愛い女の子、葉月美雨はあるとき、用務員に密室に監禁されてしまいます。
突然のことにおびえる美雨ですが、用務員が何をしたいのかぐらいは判ります。
なんとかこの場を切り抜けないといけないー
しかし困ったことに密室に監禁された美雨は助けを期待することはできません。
無理矢理脱出するという手もありますが、用務員に捕まってしまう可能性を考えると到底実行できません。

それならば、交換条件で帰してもらうしかない・・・
処女だけは何としても守り抜きたい美雨は用務員のエッチな要求に従うしかありません。
しかし用務員の要求はどんどんエスカレートしてとどまることを知りません。
このままでは・・・美雨に絶望感が漂いますが、用務員は言葉巧みに「家に帰す」というエサをぶら下げて美雨に譲歩を迫ります。
ついに美雨にはこれ以上譲歩することができない段階に達してしまいます。
恐怖で遂に泣き出してしまった美雨ですが、用務員はここぞとばかりに畳みかけてきます。

用務員の計算ずくでの行動に、美雨はずっと掌の上で転がされてしまうのが可哀想でしかたありません。
ちなみに用務員はかなりのゲスなのですが、それがまた美雨の儚さを際立たせてます。
「密室処女」はおすすめの漫画です。