発情女子寮ハーレム

エステティシャンになるために入学したエステの学校。
しかし、その学校の生徒は主人公である高木以外はみんな女子ばかりでした。

高木がその学校を選んだ理由はコストパフォーマンスです。
この学校だけ寮費や光熱費が無料だったのです。
ほとんどお金をかけずに学べるとあって、高木にはちょうどよかったのですが・・・
住み心地となると話は別です。
何しろ女子生徒しかいない学校に入学してしまったので、男子寮なんてあるはずもありません。
仕方なく女子寮の倉庫として使われていた1室に入れてもらうことになったのですが・・・

その部屋はとにかく汚くてボロくてどうしようもありません。
しかし無料で使わせてもらう以上、文句も言えない高木。
ところがその部屋にはある特典がついていました。

それは隣の部屋が覗けることです。
女子寮なので隣の部屋の住人は当然女の子です。
その子の部屋を覗いているうちにとんでもない事件に出くわしてしまいます。

しかしその1件のおかげで隣の部屋の女の子と仲良くなれた高木。
高木のエステ学校生活はこの女の子とのちょっとエッチなハプニングで幕を開けることになるのですが・・・

子作りツアーへようこそ!

主人公のもとに届いた無料南国ツアー券。
こんなものに申し込んだ覚えはないと訝しく思いながらも参加してしまいます。
理由は童貞非モテで金もない主人公は他にやることがないから。

どうせ何かのキャンペーンが当たったのだろうくらいに思って気軽に参加したのですが・・・
実は主人公が当てたのは人生の一発逆転の券だったのです。

「生ハメ生出しし放題のヤリまくりツアーへようこそ!!」

島に着くなり可愛い女の子に熱烈歓迎を受ける主人公。
女の子に笑顔で迎えられるなんて非モテの主人公にとって初めての経験です。
しかもそれだけではなく、この島では子作りし放題だと伝えられます。

この無料ツアーの本当の目的は、女の子しかいない島で子作りをするために男を呼びこむことだったのです。
それにまんまと?ひっかかった主人公はこの島でヤリたい放題に生出しする権利(と義務)を与えられます。
(それなら、この子たちともエッチできるというのか・・・?)

目の前にいる女の子は生でヤらせてくれるなら死んでもいいというレベルの美少女です。
そんな子とエッチするだけじゃなく、生出しまでしていいなんて夢のようです。
しかも、女の子たちは勝手に発情して、放っておいても主人公のモノにむしゃぶりついてきそうな勢いです。
試しにちょっと幼い感じの子にハメさせてと頼んでみると・・・
なんとその場でハメさせてくれたのです!!
「子作りツアーへようこそ!」という言葉は伊達ではなく、本当に生出ししても怒られません。
むしろ、感謝されてしまいます。
さらに、生だしされた女の子は他の子からうらやましがられる始末。

もちろんほかの二人もそのまま引き下がるわけはなく、主人公に生出しをおねだりしてきます。
やりたい放題の子作りツアーへようこそ!はおすすめです。