ヨコハマ物語 夢草子-明治編-

両親を亡くした卯野は、叶屋の主人に引き取られます。
父の雇い主だった旦那様には卯野と同い年の娘・万里子がいて、卯野を本当の娘と同じように育てることを約束してくれます。
ところが、おしとやかで美しい万里子お嬢様だったが、すぐにいたずらっ子な正体が明らかになってきます。
外国への憧れという共通点のある卯野と万里子は親友となり、いつか一緒に外国へ行こうと約束をし、二人は旦那様を説得し、英語や学問を学ぶため学校へ通うことになる――

文明開化の浪漫薫る、明治を舞台にした少女の成長物語です。
フランスにロシアにアメリカ、横浜には諸外国から貿易船が訪れます。
山奥の田舎で育った卯野には、見るもの聞く言葉すべてが新鮮に映ります。
グローバル社会で生きる現代の私たちには、外国の人やモノは身近になっていますよね。
そんな私たちには、卯野のように人生が変わるような体験ができる機会はあるでしょうか?
そう考えると、明治という時代が少し羨ましくもありますね。

卯野と万里子の関係は、まるで『アルプスの少女ハイジ』のハイジとクララのよう。
とはいえ、万里子お嬢様の図太さ・いたずらっ子さは、クララに似ても似付きませんが。
卯野と万里子の成長物語に加えて、少女漫画らしく恋愛要素もあります。
叶屋の隣に隠居したおばあさんと住んでいる森太郎や、学校の先生の息子トビー。
森太郎をめぐって、卯野と万里子は三角関係になるのでしょうか?
あるいはトビーも含めた四画関係?
マストから降りられなくなった万里子を助けた、没落士族の少年もいましたね。
続きが楽しみです。